カンボジア・ベトナム旅行記10

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

旅行3日目、シェムリアップ3日目。

ベンメリアを見学して、ホテルに戻ります。

ベンメリアは、かなり破壊されてしまっている遺跡ですが、とても神秘的です。

ホテルまでの道すがら、結婚式に遭遇しました。

ベンメリア見学

昼食の後は、本日最後の観光地ベンメリアへ向かいます。

ナーガ(蛇の神様)の像です。

竜ではなく大蛇、コブラを表しているそうです。

他の遺跡のナーガに比べるときれいに残っています。

遺跡が崩れています。

崩れた遺跡の中に、ちょこんと立っていました。

ナーガではないと思いますが、何でしょう?

なんだかとても可愛らしいです。

ベンメリアは、アンコールワットを作った王様が、同じように作った遺跡です。

違うのは、ポル・ポト派との内戦の時に爆弾を落とされたり、地雷を仕掛けられたりして、遺跡が壊されてしまった事です。

ただ、失礼ながら、廃墟好きな人間からすると、とても美しい佇まいです。

ガジュマルの木に侵食されている部分も、別の木によって補強されている部分も、全て全て美しい。

遺跡と木が共存している感じがします。

とても神秘的です。

アンコールワットやアンコールトムも良いのですが、ベンメリアは空気感が全然違います。

天空の城ラピュタのモデルになった場所があるのですが、ここだったかどうか忘れてしまいました。

遺跡の隙間から、木の根っこが入り込んでいくのですね。

こちらの木の根は、ガジュマルの木のように太くならないので、遺跡を守るのに役立っているそうです。

崩されてしまった遺跡ですが、修復のあてはないそうです。

莫大な費用が掛かりますもんね。

他に修復している遺跡もたくさんありますし。

回廊だったところですが、屋根が崩れてしまっています。

こちらも屋根が崩れています。

地震の多い地域だと、遺跡が崩れたりする原因は地震の揺れだったりするのですが、カンボジアは爆撃なのですね。

遺跡と木が一体となっているように見えます。

ず~っと見ていたくなります。

こちらは、完全に遺跡と木が一体化していますね。

こういう感じも良いですね~。

苔が生えてきているのも、良い感じです。

これは何だろう?

と思ったら、ゴミ箱でした。

可愛らしいですね。

近所のお子さんが、一人で遺跡に遊びに来ていました。

日本人が、近所の神社などに遊びに行くのと同じ感覚なのでしょうけど、贅沢ですね。

ベンメリアのススメ

好みの問題もあるとは思うのですが、シェムリアップに来たならば、遺跡を見に来たならば、ぜひベンメリアにも立ち寄っていただきたい!

シェムリアップから車で1時間くらいかかりますが、その価値はあると思います。

遺跡と森の調和した美しさを、ぜひ味わってみてください。

シェムリアップまで来たのに、ベンメリアに来ないなんて勿体なすぎます。

ベンメリアからホテルまで(結婚式)

お腹いっぱいになるくらい写真を撮った後、車にてホテルへ向かいます。

途中、結婚式に2回遭遇ました。

動画の編集が上手くいかなかったので、そのまま載せています。

とても賑やかな音楽が流れてきて、お洒落な服装の人が多くいると、

結婚式だ!

とすぐ分かります。

乾季のお天気の良い日は、結婚式日和だそうです。

逆に、雨季は倦厭されるそうです。

うまく写せなかったのですが、現地の方向けのマーケットです。

観光客向けのマーケットとは全然違って、こちらはこちらで楽しそうです。

ホテルに到着したのは午後4時。

部屋で少しのんびりした後、市内を散策です。

コメント