【そうめん比較】いなにわそうめん(切れはし麵)[寛文五年堂]の太さは?値段は?食べた感想は?

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

いなにわそうめん(切れはし麺)「寛文五年堂」の紹介や太さ・食べた感想・値段(g当たり)・購入できるサイトなどをご紹介していきます。

太さ分けした目次

いなにわそうめん(切れはし麺)とは

製造元は、秋田県湯沢市稲庭町の株式会社寛文五年堂さん。

このそうめんは、寛文五年(1665)の頃から受け継がれたいなにわ手綯うどんの製法が用いられています。

その製法とは

熟練した職人が吟味を重ね選び抜いた良質な小麦粉と食塩、

そして栗駒山麓から流れ出る伏流水を使い丹念に練り上げ、

じっくりと熟成させ一本一本ひねりを入れながら綯い

また熟成させた後、細く延ばすというもの。

その他のいなにわそうめんの特徴は、

油不使用 油を使用していると、油を抜く期間が必要になり、作り立てを届けることができない。

寒造り 寒作りのそうめんは加水量が多く塩分が少ないため食感がよく、コシの強いそうめんに仕上がります。

この切れはし麺は、製品の寸法にカットした際にできる、形が不揃いで長さも製品に比べて短いものです。

しかし、味や品質は製品に遜色ありません。

寛文五年堂さんは、いなにわ手綯うどんを作っている会社でもあります。

いなにわ手綯うどんも美味しいですよね。

茹でて実食

ジッパー付きの袋に入っています。

湿気対策に良いですね。

約0.5mm~0.6mmです。

持った感じ細いな~と思ったのですが、本当に細いですね。

茹で時間は1分30秒~2分ということなので

1分30秒にしてみました。

茹でてもみ洗いをすると

ツヤツヤしていますね。

細くて

ツルツル

しています。

少し麺が柔らかめなので、

この麺に1分30秒は少し長いのかな?

と思いましたが、嫌な柔らかさではないです。

優しい柔らかさです。

口の中で、「白髪」ほどではないですが

糸が広がる感じがします。

1分だとどんな感じなのか?

気になったので、少しだけ1分で

茹でてみました。

ちょっとピントがずれていますかね?

食べてみると、先ほどより歯ごたえがある。

コシというか、少し固めな感じ。

でも、これも良いです。

ほのかに小麦の風味がする気がします。

次は、1分15秒を試してみるのも良いかも。


細くて、少し柔らかめで、上品なそうめんだと思います。

お値段は?(2023年10月23日時点)

楽天市場にて

400g1000円(送料込み)。

2400g 3970円(送料込み)

送料込みのg当たりの値段は、約1.65円~2.5円

アマゾンにて

400g 647円(送料込みで1198円

送料込みのg当たりの値段は、約3円

ちなみに、スーパーなどでよく見かける

揖保乃糸上級品は300gは約365円なので

g当たりの値段は約1.21円

いなにわそうめんは、それの約1.5~2.5倍くらいですね。

切れはし麺でこの値段?と思われるかもしれませんが

本来の商品はかなりお高めですので、お得です。

コメント