そうめん(素麺)の世界に足を踏み入れてしまいました

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

太さ分けした目次

オカベの麺極細との出会い

今まで、申し訳ないのですが、あまりそうめんに対して情熱がありませんでした。

実家にいたころは、親が揖保乃糸を食べさせてくれていたので、

そうめんと言えば揖保乃糸、くらいの認識でした。

大人になってからは、夏にそうめんを全く食べない年もあったり、

頂き物のそうめんを食べたり、スーパーに並んでいる

一番安いそうめんを食べたり、という感じでした。

ある日、郵便受けにオカベの麺のチラシを見つけました。

職人さんがこんなに頑張って作っています、みたいなことが書いてあって、

ふ~んと眺めていたのですが、

そんなにすごいの?

そんなに他のそうめんと違うの?

そんなに美味しいそうめんなの?

という好奇心がわいてきて・・・


思わず注文してしました。

届いたオカベの麺極細を早速食べてみると

ツルツル

モチモチ!

コシもある!

ちょっと!美味しいじゃない!

はい、ちょっと感動しました。

特に、その頃はスーパーの安いそうめんを食べていた時期だったので、

余計に違いを感じました。

そして思ったんです。

そうめんって、実は奥が深いんじゃない?

私の知らないそうめんの世界が、地平線の向こうに広がっている!と。

そうめんを買いあさる

それから私は色々なそうめんを食べてみました。

スーパーで手に入るものからネットでないと購入できないもの。

スーパーで売っているものは限られているので、ネットでの購入が

メインではあります。

とはいえ、昼ご飯に食べるだけなので、1日に50g~100g

くらいしか食べられず、言うほどには食べられていないのですが・・

今年購入したそうめんは、全部で25数種類くらいでしょうか。

すでに食べ終わってしまったものもあるのですが、折角なので

おいおい紹介させて頂きたいと思います。

そうめん(素麺)とひやむぎ(冷や麦)の違い

そうめんに情熱がなかった私は全然知らなかったのですが、

そうめんとひやむぎの違いは、太さです。

日本農林規格(JAS)では

そうめんは直径1.3mm未満

ひやむぎは直径1.3mm以上1.7mm未満

と決まっているようです。

ただし、手延べの場合は1.7mm未満であれば、

「そうめん」「ひやむぎ」どちらでも良いそうです。

手延べそうめんの場合は、機械と比べて多少の誤差が

でることを考慮してのことだとか。

徳島県の半田めんに関しては、太めの麺が多いのですが、

江戸時代より続く伝統と麺文化の地域性が認められ、

特別に「そうめん」と表記できることとなっているそうです。

オカベの麺も半田めんですが、極細でも普通のそうめんと

同じくらいの太さです。

コメント