荻窪の魚熊に予約をして行ってみた!お魚とお酒に舌鼓

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

魚熊とは

荻窪駅北口側、白山通りを通り抜け、環八の上を渡り、光明院の境内を通り抜け、しばらく進んで右に曲がったところにあるお寿司屋さんです。

お店の中は、カウンター7席のこじんまりとした感じです。

16時30分~19時までの1部

19時30分~22時までの2部

1部と2部は完全入れ替え制となっています。

予約をしてから行った方が無難ですね。。

ご夫婦2人で仕切っておられます。

1部に初訪問

あらかじめ1部の16時30分に予約をして、ジャストの時間に伺いました。

他の方たちは17時とか17時30分くらいにいらっしゃるのかな?

と思っていたのですが、16時40分くらいには7人全員が着席していた感じです。

私たち夫婦と女性のお友達2人組とご家族3人組。

表はご主人がほぼ1人で切り盛りされるので、7人が限界かもしれません。

奥さんは奥で揚げ物を上げたり、茶わん蒸しを作ったり、銀杏を炒ったり、これまた忙しくされています。

ペースはゆったり

最初にお通しが出て、それぞれがお酒を注文していきます。

お酒は、ビール、酎ハイ、焼酎のボトルなど。

日本酒は13種くらいあり、700円~1200円まで。

グラスで出てくるのですが、1合弱ですかね。

お酒の名前の前に番号がふってあり、読めない漢字でも番号で注文ができてしまいます。

800円と850円のお酒が多かったと思います。

日本酒3種のみ比べ1200円というのもあり、色々な日本酒を楽しめます。

お通しは、鯛のお刺身と鯵の南蛮漬けとお豆腐のネギ味噌掛け。

丁度良い味付けです。

飲み物は、愛知県と福島県のお酒を注文しました。

辛口のお酒で、色々なおつまみに合わせやすかったです。

先ずは、活き締めカワハギのお刺身です。

1500円

本日のお刺身の中で一番高かったのですが、どうしても食べたかったで注文しました。

注文して大正解でした!

見てください、この肝

味ぽんに溶いて食べたのですが、カワハギの身も脂がのっていて、

とても美味しかったです!

カワハギって、中を見るまで肝の大きさが分からないので、たまに残念なお刺身もあるのですが、

本日は大満足です!

日本酒3種のみ比べも注文してみました。

う~む、お酒の名前は全て度忘れしてしまいました。

3番の番号の日本酒が個人的には好きでしたね。

3種のみ比べの後は、3番を注文しました。

焼き白子です~~~!

無茶苦茶、美味しそう!!

味ぽんと塩が出てきましたが、もちろん私はポン酢です。

クリーミーで滑らかで、美味しい!

茶わん蒸しです。

餡がかかっています。

具だくさんで、とても美味しかったです。

お寿司屋さんの茶わん蒸しって、本当に美味しいですよね。

お寿司の前に、抹茶ハイの氷なしを注文しました。

本当に抹茶が濃いです。

こんなに濃厚な抹茶ハイは初めてかも。

握り寿司の「竹」です。

夫とシェアをして、私は玉子と小肌とカツオと中トロとヒラメと煮アナゴと海老の頭を食べました。

どれも美味しかったですが、煮アナゴ最高です!

口の中でホロホロにくずれていきます。

この後、アラカルトでお寿司をもう少し食べようと思っていたのですが、思いのほかお腹が膨れてしまい、断念しました。

うなぎの肝焼きです。

夫に一口もらったのですが、結構甘めでした。

うなぎだから、仕方ないですかね。

お茶も美味しいです。

ほっこりしますね~。

最後にお出しを頂きました。

アサリが3個入っていて、優しいお味でした。

最後に

ご夫婦2人で切り盛りされているので、お客側も注文するタイミングを少し計りながら注文する感じです。

なので、私はいつもはパクパク食べてしまうのですが、ここでは1つ1つをじっくり味わいながら頂きました。

2時間ちょっと滞在して、お腹も目も満足しました。

費用対効果で言うと、非常に満足です。

また是非お伺いしたいと思います。

コメント