荻窪「トムヤムクン」でタイランチ!香辛料がきつ過ぎず美味しかった

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

「トムヤムクン」とは

荻窪駅北口徒歩約6分。

青梅街道沿いにあるタイ料理屋さんです。

店内は割と広く、テーブル席のみですが、7~8組くらい入れます。

ランチは11時からスタートです。

ランチメニュー

1.豚肉のバジル炒めと目玉焼きご飯のせ(ガパオ) 1000円

2. ゆで鶏のせ炊き込みご飯(カオマンガイ) 1000円

3. 鶏肉のチリソース炒め目玉焼きご飯のせ 1000円

4. 海老チャーハン 1000円

5.トムヤムクンチャーハン 1000円

6.豚ひき肉の高菜チャーハン 1000円

7.鶏肉の海老味噌チャーハン 1000円

8.マッサマンカレー 1100円

9.タイ国グリーンカレー 1100円

10.豚肉のニンニクソースがけ目玉焼きご飯のせ 1000円

11.豚肉とミックス野菜炒め ジャスミンライス付き 1000円

12.厚揚げ豆腐ともやし炒め ジャスミンライス付き 1000円

13.トムヤムクンヌードル 1000円

14.豚ひき肉の汁そば 1000円

15.牛すじ煮込みそば 1000円

16.豚ひき肉の汁無し麺 1000円

17.パッタイ(タイ焼きそば) 1000円

18.太麺の醤油焼きそば 1000円

19.豚肉の太麺辛口焼きそば 目玉焼き付き 1000円

20.ガパオセンレック 目玉焼き付き 1000円

21.海老の太麺カレー風焼きそば 1000円

22.パッタイトムヤムクン 1000円

ランチメニューは思ったよりたくさんあって、何を頼もうか悩みました。

22種類もあるって、凄いですよね。

テーブルの上

調味料がセットされていました。

塩と粗びき唐辛子と唐辛子の酢漬けと、謎の調味料。

謎の調味料は、お酢の中に何か豆のような粒粒の香辛料?が入っていると思われます。

味はそんなにきつくなく、お酢が勝っているかな、という感じでした。

陶器の入れ物もペットボトルの入れ物も、ニョクマム系の調味料だと思います。

ニオイがそれっぽかったので。

でも、味はそれほどきつくなかったです。

テーブルの上に置かれていたセクシーなお姉さんの絵の木箱。

中身は、スプーンとフォークでした。

ランチビールとタイランチ

ランチビールです。

中ジョッキくらいのサイズ。

ランチビールなので、もう少しお値段が抑えめだと嬉しいな。

1のガパオライスです。

サラダが結構多めで、ムシャムシャ食べる感じ。

スープは優しい味ですが、微妙に何かの風味が・・・







パクチーだ

姿は見えないけれど、パクチーがそこにいる!

パクチーのパワーはすごいですね。

最近、パクチーが少し食べられるようになったので、ノープロブレムでした。

ライスはもちろんタイ米。

久しぶりにタイ米を食べました。

日本のモッチリしたお米と違って、サッパリしていますね。

見た目だと少しパサパサしているのかな?と思ったのですが、全然そんなことはなかったです。

玉子を割って、具とご飯を一緒に食べると、

美味しい! 

後半は色々な調味料を少し付けて食べてみたのですが、ほんのり味が付くくらいで、料理の味の邪魔はしない感じでした。

13のトムヤムクンヌードルです。

辛いような甘いような、スープが絶妙です。

ココナッツも入っていますね。

私はココナッツが苦手なのですが、全然嫌な感じではなかったです。

海老とイカが1つずつ入っていて、私は海老を食べたのですが、

本当に丁度良い火の通し加減で、プリプリ感が最高でした。

そうそう、ランチについている白い液体は、デザートです。

最後に

私たちが行った平日の昼間は、おひとり様の男性客が多かったです。

私たちが最初の客だったのですが、料理が来るのが少し遅め(2品目が来たのは11時20分くらい)でした。

持ち帰りを頼んでいた方がいたようなので、それでかもしれません。

最初にお茶を出してもらえるのですが、少し何かの風味があります。

とうもろこしのヒゲのお茶に似ているかな?

料理の味は香辛料がきつ過ぎず、日本人に合わせてくれているのかな?と思いました。

今度はパッタイを食べに来てみたいと思います。

コメント