カンボジア・ベトナム旅行記14

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

旅行4日目、シェムリアップ4日目。

トンレサップ湖の船上を巡った後、シェムリアップに戻り「クメールテイスト」で夕食です。

食後は、シェムリアップ空港に向かい、ベトナムへ飛びます。

トンレサップ湖巡り2

大きめの船に到着し、乗船します。

2つの建物を合体させたような船です。

お祈りをする場所?祭壇ですかね?

魚が飼われています。

見た目はうなぎっぽかったですね。

ワニが飼われています!

ワニからは、ワニ革やワニ肉やワニの油が取れます。

昔はワニは、高値で取引されて儲かったとの事です。

でも今は、ワニは多く養殖されていて儲からないそうです。

ペットボトルの中身はワニの油です。

一応、万能薬のように使われるそうです。

カンボジアの地図。

船の中では、ワニの牙やお土産など色々な商品が売られていました。

海外の観光客の方(中国系かな)は、買う気満々で交渉されていました。

私もワニの牙は買ってみたい衝動にかられましたが、

「何に使うんだ?」

と自問自答した結果、買うのを諦めました。

船の屋上から撮った写真。

ここからも学校が見えます。

ワンちゃんも乗っていました。

昼間なので、やはりグッタリとしています。

B58、またこの船に乗って岸に戻ります。

カンボジアでは、1家に1ハンモックが基本らしいです。

こちらのお家にもしっかりハンモックがあります。

網が沢山あります。

漁に使うのでしょうね。

岸に到着したら、シェムリアップに戻ります。

道沿いのお店で売っている怪しげなビン

トンレサップ湖からシェムリアップまでの道すがら、液体の入ったビンを売っているお店が沢山ありました。

お酒のビンの使いまわしだと思うのですが、お世辞にもきれいなビンとは言えなくて、

「何を売っているのですか?」

とガイドさんに聞いてみると

「オートバイ用のガソリンです」

との事。

なるほど、ガソリンなら納得です。

昼のパブストリート

昨夜のにぎやかさが嘘のようです。

これはこれで良いかも。

見ているだけで楽しくなります。

クメールテイスト

カンボジア最後の食事は、クメールテイストです。

オールドマーケットの近くの食堂で食べてみたい気持ちもあったのですが、まだちょっと私たちには難しいかな、と諦めました。

こちらも1杯50セントです!

ありがたや~。

炒飯です。

魚のフライです。

揚げ春巻きです。

つけダレも付いてきましたが、付け合わせの葉っぱ的なものがないので、少し寂し気です。

お味は、どの料理も美味しかったですよ。

クメールテイストの看板猫。

私がトイレに行っている間に私の席を占領していたため、店員さんに叱られて遠くに行ってしまいました。

とても人懐っこいので、怒られたりしていないのかと思ったのですが、そんなことはなかったです。

シェムリアップ空港へ

3時にホテルを出発し、シェムリアップ 空港に向かいます。

現在のシェムリアップ 空港は、中国資本で造られているとの事で、空港の中にはお店が少ないながら、中国系のお店がしっかり入っていました。

お水やお湯が出る給水機があったのですが、コップが置いてあるわけではなく、ペットボトルを回収された状態では、眺めることしかできませんでした。

水筒を持っている人は、ちゃんと入れていましたよ。

シェムリアップで見る最後の夕日です。

ベトナム航空から、ホーチミンへ向かいます。

成田空港でも思ったのですが、ホーチミンとハノイだと、圧倒的にハノイに行く人が多いです。

ハノイも行ってみたいですね〜。

コメント