【そうめん比較】大吟穣貴珀の太さは?値段は?食べた感想は?

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

そうめん「大吟穣貴珀」の紹介や太さ・食べた感想・値段(g当たり)・購入できるサイトなどをご紹介していきます

太さ分けした目次

大吟穣貴珀とは

製造元は、香川県小豆郡土庄町の「株式会社 甚助(じんすけ)」さん。

大正10年創業です。

甚助さんのホームページは、現在(令和5年10月)調整中ですかね?

先日までは見ることができていたのですが・・・

トップページは、そうめんの原料やそうめんの画像が

スライドショーのように流れているのですが、

会社紹介のページへのリンクや麺づくりへの想いへのリンク

などはありません。

リンクはオンラインショップのみです。

しかしそれもちゃんとリンクされていません。

早くちゃんと見られるようになってほしいですね。

一般のそうめんが小麦全体の約60%を使用してつくるのに対して、

「大吟穣貴珀」は小麦全体の約30%の中心部のみを使用しています。

そうすることで、何とも言えない洗練された味わいになるとのこと。

小豆島そうめんの特徴として、油は酸化しにくいごま油を使用しています。

つるつるとした滑らかな舌触り、粘りのあるもちもち感が売りのようです。

茹でて実食

金色の「大吟穣」の帯がまぶしいですね~。

大吟穣貴珀は、3束が1袋に入っているのですが、

そのパッケージは、回収ペットボトルを再生した樹脂ペレットを80%使用した

「メカニカルリサイクルPETフィルム」を使用しています。

環境にやさしいですね。

太さは、約1mmです。

見た目や触った感じは、結構しっかりしている感じです。

茹で時間は2分。

もみ洗いをして器に盛ると

見た目はとてもツヤツヤしています。

食べてみると

確かに

ツルツル

モチモチ

そして小麦の香りもします。

ただ、

そうめん級のツルツル

そうめん級のモチモチ

太めの半田めんのツルツルモチモチに比べると

少し弱い感じです。

ただし、

とても滑らかです。

食べ続けると、その滑らかさが際立ちます。

この滑らかさが大吟穣なのか!

とちょっと感動します。

お値段は?(2023年10月21日時点)

甚助さんのネットショップより

2500円未満は、送料が実費で計算が大変なのでそれ以上で比較します。

900g 3240円

3000g 10800円

送料600円(北海道・沖縄以外)

送料800円(北海道)

送料1000円(沖縄)

送料込みの値段は、1g約3.8円~4.26円(北海道・沖縄以外)

1g約3.87円~4.27円(北海道)

1g約3.93円~4.71円(沖縄)

になります。

ちなみに、スーパーなどでよく見かける

揖保乃糸上級品は300gは約365円なので

g当たりの値段は1.21円

大吟穣貴珀はその3倍くらいですね。

少しお高いですが、この滑らかさはぜひ体験していただきたいです!

コメント