カンボジア・ベトナム旅行記22

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

旅行7日目、ホーチミン4日目。

サイゴン中央郵便局を見学した後、ホーチミンでの最後の夕食を食べに行きます。

お店の名前はクアン・ブイ・オリジナル。

その後、ホーチミン空港から成田空港へと戻ります。

サイゴン中央郵便局

次は、サイゴン中央郵便局です。

立派な建物~~~。

パステルイエローの外観なのですが、夕日を浴びてちょっとよく分からない感じです。

観光客がウロウロしている中、サイゴン中央郵便局の中ではちゃんと業務が行われています。

国民的英雄ホーチミン氏の肖像画。

ベトナム建国の父だそうです。

電話ボックスが並んでいて、海外の都市の現在の時刻が表示されています。

サイゴン中央郵便局は、とても美しい歴史のある建物です。

見学するのにそんなに時間はかからないので、ぜひ立ち寄ってみてください。

郵便局の中には、お土産物屋さんがたくさんあって、ウロウロと見てまわれます。

結構いいお値段を付けていらっしゃるので手が出ませんでしたが、見るだけでも楽しかったです。

夕食を食べるには、まだ時間が早く、しばしお店を探しがてら休憩です。

クアン・ブイ・オリジナルで夕食

いくつか候補を出し、最終的に決めたのは、クアン・ブイ・オリジナル。

立地と口コミの良さが決め手になりました。

中央郵便局から歩いて14分くらい。

グーグルマップに教えてもらって、場所はすぐに分かりました。

まだ早い時間だったので、待たずに入店できました。

メニューが沢山あって悩んだのですが、ますばこちら

ビールです。

ジョッキに氷が入ってきたので、お皿に氷を移します。

ジョッキにビールを注いで飲みます。

こちらは、ライスペーパーで巻いて食べる料理です。

スタッフさんが、ライスペーパーを水につける入れ物を持ってきてくれたのですが、やらかしてしまいました。

だってね、お皿(ザル)の上にライスペーパーが窮屈そうに乗っていたんですよ。

だから、それを入れるために持って来てくれたのかと思って・・・

私は、ライスペーパーを全て、その中に浸けてしまったのです。

入れた瞬間、

あっ!

と思ってすぐに取り出したのですが、時すでに遅し。

くっついて縮んでしまったライスペーパーたち・・・。

本当に、申し訳ない。

くっついたライスペーパーを無理やり剥がして食べる私。

夫は、ライスペーパーでお腹が膨れても勿体ないからと、ほどほどに。

すまねえ。

まあ、こちらの食べ物とビールでまあまあお腹ができてきたのですが、もう一品たべたいかな、という事で、

昨日も食べたバインセオを注文。

見た目から、昨日のバインセオとは全然違います。

食べなくても分かります。

生地がパリパリです。

中身は、キノコとシーフード。

こちらのバインセオは、生地が薄くて本当にパリパリです。

ピザでいうと、昨日のバインセオは、ナポリタイプ。

今日のバインセオは、クリスピータイプ。

色々あるのですね〜。

タレです。

大量に野菜が付いてきました。

パクチーか?と思ったのですが、違いました。

そんなにクセがない、少し紫蘇に似ているお野菜でした。

とても食べやすくて美味しかったです。

このお店のお料理は、まあまあボリューミーなので、ちょっとずつ注文することをお勧めします。

隣に座っていたカップルは、4,5品一気に注文したみたいで、苦しそうに食べていました。

ホテルにて待機

確か、バスの送迎の時間は19時から19時30分だったよね?

とホテルに18時40分過ぎに到着。

が、19時20分になってもお迎えは来ない。

あれ?とスケジュール帳の時間を確認してみると、何と、21時から21時30分。

うーむ、間違えてしまいましたね。

でもまあ、この時間に行きたい所があるわけでもなし、まあいいか、とスマホをいじって時間を潰したのでした。

いよいよ日本に帰るのですが、日本に帰って1番やりたい事。

何か分かりますか?

それは、爪を切りたい!

5mmくらい伸びてきて、結構鬱陶しい。

6泊8日なので、そんなに気にならないだろう、と思ったのですが・・・

気になります。

1週間以上の旅行の時は、持って行った方が良いですね。

ホーチミン空港へ(ベトナム語でトイレとは?)

そうそう旅行前、本を買ってベトナム語を少しだけ勉強しました。

その時、トイレは phòng vệ sinh(フォン ヴェーシン)でした。

グーグル翻訳でも、トイレのベトナム語はphòng vệ sinhです。

しかし、phòng vệ sinhとレストランで言っても通じませんでした。

スタッフの方には、首をかしげながら

「トイレッ?」

と聞き返されました。

ずっと謎だったのですが、空港のトイレの表示を見て謎が解けました。

トイレは Nhà vệ sinh(ニャー ヴェーシン)なのですね!

日本に帰ってから調べてみると、ベトナムでトイレと言えば

Nhà vệ sinh か toilet

がよく使われるようです。

日本でも、ベトナムのトイレの呼び方は、そのように統一してもらいたいですね。

成田空港行きのベトナム航空機の中

帰りの飛行機は、ホーチミン空港を0時20分発。

機内は結構空いていました。

中には、席を移動したのか元々その席だったのか分かりませんが、消灯後、何席かを利用して横になっている人もいました。

機内は割とすぐに消灯になり、しばらくして点灯。

軽食のお時間です。

ムチャクチャ眠かったですが、機内食を食べられる機会なんてめったにないので、意地でも食べる所存です。

今回はビールを選択。

ピントがブレブレです。

機内食

ウェスタンスタイルの食事。

メインは、オムレツのビーンズソースがけとお肉。

ジャパニーズスタイルの食事。

メインは、肉野菜炒め的なもの。

これって、パンは必要ですかね?

炭水化物が多めな気がしました。

味は、両方とも美味しかったです。

モニターの調子は?

今回のモニターは、非常に快調でした。

サクサク動くし、おかしな挙動もない。

しかし、あまりにも眠すぎて、映画の続きを観ることができませんでした。

寝落ちです。

行きのモニターがこれだったら良かったのに・・・、残念。

旅行終了

7時25分に成田空港に到着。

上着を引き取って、wifiを返却し、帰路に着きます。

電車の中は爆睡でした。

家に着いたのは13時過ぎでしたが、まだ眠かったです。

この時間帯の飛行機を利用して帰ってきて、そのまま仕事には行けないですね。

眠すぎます。

6泊8日、あっという間の楽しい旅行でした!

コメント