カンボジア・ベトナム旅行記2

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

旅行1日目。

成田空港発ホーチミン行きのベトナム航空に搭乗。

機内食、モニター画面、乗り心地などをご紹介します。

ホーチミン空港に到着して、空港の中を少しウロウロしました。

ベトナム航空機の中

機内食

成田からホーチミンまでのベトナム航空の飛行機の中。

ジャパニーズスタイルの機内食です。

メインは、すき焼き風うどん(多分)。

思ったより味は薄味?ぼんやりした味付けだった記憶があります。

玉子焼きときんぴらごぼう(だったような気がします)。

青菜のお浸しと煮物。

パンとおはぎ。

これで日本食とはしばらくお別れと思うと、感慨深いですね。

白ワインと一緒に美味しく頂きました!

座席のモニター

座席には、モニターが1人に一台付いていて、映画やゲームや音楽を楽しむことができます。

本来なら楽しめるはずなのですが、何故か私の前のモニターは反応してくれません。

何を押しても、全く反応せず。

CAさんに言うと、再起動をすれば大丈夫とのこと。

再起動を試してみると、う〜ん、長い。

再起動に何分かかるんだ?

数分かかって再起動が終わり、画面をタッチしてみると、

フッフッフッ

相変わらず反応しない。

夫は普通に映画を見ているので、これは当たり外れの問題か?

仕方がないので再び再起動をして画面にタッチしてみると、

おおっ、反応した!

よーし、映画を見るぞ、と映画のページを見て見ると、

画面が挙動不審

画面が震えて、ページが行ったり来たりする。

仕方がないので、最初のページにある映画を見ようとよく見てみると、

7人の秘書がある!

見ていましたよ、このドラマ。

いやー、こんな所で映画が見られるなんて。

再生してみると、5分くらい流れて、何故がいきなり画面が病院のシーンになり、終了。

えーと、どういうこと?

続きから見ようと再生をするも、数分流れてまたまた病院のシーンになり終了。

どうやら、強制的に最後のシーンに飛んでいるらしい。

何回かチャレンジするも、数分流れて最後のシーン。

夫の方を見てみると、どうやら夫のモニターも少し調子が悪いらしく、困っている様子。

周りを見回してみると、普通に画面を見ている人の方が多数。

やはり、このモニターは、当たり外れがあるのかも。

諦めて観光本を読みつつ、往生際の悪い私は画面をたまにタッチしてみたりとして過ごしました。

たまーにモニターが反応してくれるのですよね。

でもまたすぐにダメになるのですが・・・

結局映画は30分くらいしか見られませんでした。

あまりにも細切れで見たので、残念な気持ちも残りませんでしたよ。

乗り心地

意外だったのが、飛行機が着陸時に結構揺れたこと。

割と上下に揺れて、夫が「フリーホール」みたいだね、と。

私も最初は調子に乗って楽しんでいたのですが、だんだん気分が・・・

飛行機酔い?で良いのかな。

吐きそう、なんだか吐きそう、吐きたい気がする・・・

初めて飛行機で酔いましたよ。

乱気流だったのかな?

ホーチミン空港

ホーチミン空港に着くと、国際線の乗り換えの所で荷物チェック。

成田空港で買ったペットボトルのお茶、結構残っていたのですが、没収です。

成田空港で、出国手続きをしてから買ったお茶。

日本を出国してから買ったものだから、カンボジアまで持っていけると思っていたのですが、ダメでした

知らなかったよ〜!

しかも、荷物チェックの所に上着を忘れてしまい、あとから取りに戻るという失態もおかしてしまい、ダブルショック。

はあ、朝早かったからね、3時30分起きだったからね、仕方ないよね。

乗り換えに2,3時間あったので、空港内をウロウロ。

空港内には、楽しそうなものが色々売っていたのですが、よくよく見てみると、まあまあお高いお値段。

空港値段ですな。

でも、見たことがないものがたくさん売っていて、見ているだけでも結構楽しい。

とりあえず、端から端まで見てまわりました。

コメント