【そうめん比較】半田手延べ素麺「(株)北室白扇」の太さは?値段は?食べた感想は?口コミは?

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

半田手延べ素麺「(株)北室白扇」さんの紹介をしていきます。

  • 一束の外観
  • 一本の太さ
  • 食べた感想
  • 口コミ
  • 値段
  • 購入できるサイト

などの情報を盛り込んでいきます!

太さ分けした目次

半田手延べ素麺「(株)北室白扇」とは

製造者は、徳島県美馬郡つるぎ町の有限会社北室白扇(きたむろはくせん)さんです。

初代は、北室浅太郎さんという方で、昭和5年に北室家に婿養子に入りました。

実家がそうめん製造をしていたこともあり、技術を持っていた浅太郎さんは、北室家の立地がそうめん作りに適していたことから、奥さんと「北室そうめん製造所」を昭和7年ごろに始めました。

戦時中は、そうめんの機械の金属を供出し、しばらくそうめん作りはできませんでした。

昭和40年代後半に、2代目となる長男夫婦が浅太郎の実家を助け、製麺技術を習得し、昭和52年に工場を建設。「半田手延べ素麺 北室白扇工場」を創業しました。

昭和56年に法人となり、「有限会社北室白扇」となりました。

白扇の白は、そうめんそのもの、扇は、そのそうめんを通して末広がりに幸せが広がりますように、と願いを込めているそうです。

1束の外観

さすが半田素麺、太くてしっかりしています。

1本の太さ

太さは、約1.6mm。

麺の太さは、断面を見てみると、多少ばらつきがあるようです。

茹でて実食

茹で時間は5分ということで、5分茹でます。

ツヤッとしています。

食べてみると、

モッチモチ!

もうね、モッチモチです。

最近、細めの麺ばかり食べていたので、このモチモチ感を忘れていました。

やはり、太い麺はモチモチ感が違いますね。

ツルツルしていてコシもあります。

ただ、洗いが足りなかったのか、塩味がやや残ります。

しっかりもみ洗いをしましょう!

後日、パスタソースをかけて食べてみたのですが、やはり

モッチモチ!

生パスタよりモッチモチなのでは!と思うくらい。

半田素麺は、やはりモチモチが魅力ですね。

口コミ

どうやら、北室白扇さんの商品の中では、半田手延べそうめん 極太そうめんの方が人気があるそうで、口コミは非常に少なかったです。

  • つるしこもち食感が、半田そうめんらしくて好き
  • 極太は、うどんでも冷や麦でもなく、中途半端な感じがする

確かに、半田そうめんらしい素麺だと思います。
モチモチしていてコシがあって、ツルツルしています。
極太に関しては、そういう意見の人もいるのだな、と勉強になりました。

  • 栗原心平さんが推奨しているそうめん
  • ほぼ毎日食べている

栗原はるみさんと栗原心平さんが運営している「ゆとりの空間」というサイトで、紹介されたことがあるようです。
毎日食べられる、ということは、飽きがこないそうめんという事ですよね。
それはそれですごいですね!

お値段は?(2023年12月29日時点)

北室白扇のオンラインショップより

1kg 2600円(本州、送料込み) 

4.8kg 5876円(本州、送料込み)

北海道・九州は、送料400円増し

送料込み(本州)1g当たり、約1.22円~2.6円

楽天市場より

600g 1250円(送料込み)

4.8kg 6100円(送料込み)

送料込み1g当たり、約1.27円~2.08円

まとめ

半田手延べ素麺「(株)北室白扇」とは徳島県美馬郡つるぎ町の有限会社北室白扇(きたむろはくせん)さんが製造しています。

太さは、約1.6mm。

食べた感想としては、モッチモチ。本当にモチモチしている麺です!

口コミでは、半田素麺らしくて好き、毎日食べています、という意見がありました。

お値段は、送料込み1g当たり約1.22円~2.6円。

購入できるサイトは、北室白扇のオンラインショップ、楽天市場などになります。お中元のシーズンになると、もっと増えるのだと思います。

本当にモッチモチの麺なので、モチモチ麺好きな方には特におススメです。
パスタ好きの方に送っても喜ばれると思いますよ。

コメント