宮きしめん(みそ煮込)のモチモチ感はいかほど?東京に愛知県のアンテナショップはある?

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

宮きしめんとは

大正12年に創業した宮商事株式会社さんが製造者のきしめんです。

熱田神宮が発祥の地で、宮司様から熱田神宮の「宮」の字を頂いて「宮きしめん」という名前になったそうです。

今年の5月くらいに名古屋の熱田神宮に行った時、神宮の中にフードコートがあり、きしめんなどを食べることができました。

最初は、

神宮の中にフードコート?

商魂たくましい?

と少し驚いてしまったのですが、

折角なので食べてみたところ、モチモチしてとても美味しかったことを覚えていて、ぜひまた食べたいと思っていました。

きしめんとは

なんと、江戸時代からきしめんは食べられていたそうです。

JAS規格では、乾麺の場合、

「幅が4.5ミリ以上で、厚さが2.0ミリ未満のひも状に成形したもの」

がきしめん(干しひらめん)としての基準だそうです。

一方、生麺の場合はこのような基準はなく、基本的に麺が平たくて、きしめんに見えればよいそうです。

茹でます!

味噌煮込みです。

寒い時期にはピッタリですね。

麺とだしの素と味噌が入っています。

麺の太さは、幅約5.8mm。

麺の厚みは約1.3mm。

おお、ちゃんと基準に合っていますね。

沸騰したお湯に鶏肉ときしめんを入れ、6分茹でます。

そして、味噌と

だしの素を入れます。

作り方に、味噌を入れてからだしを入れるとあったので、その通りにしてみました。

何となく、ダシを入れてから味噌や醤油を入れることが多いので、少し不思議な感じがしました。

入れ方を逆にすると、味が変わってしまったりするのでしょうか?

謎です。

野菜やキノコを加え、さらに5分ほど茹でます。

さらに茹でることで、味噌煮込み特有のとろみが出るそうです。

大豆100%の赤みそは煮込むほど美味しさが増すそうな。

ふっふっふ

じっくり煮込みますよ!

最後に卵を入れて完成です!

実食

え~と、正直に申しますと、熱田神宮で食べたあのモチモチを期待していたのですが、そんなにモチモチしていません。

もちろん美味しいですよ。

美味しいですが、

モチモチが

モチモチが足りません。

半生タイプや冷凍めんじゃないと、あのモチモチは出ないのですかね?

美味しいですが、残念でした。

やはり、本場で食べるのが1番かもしれません

乾麺のきしめんは、熱田神宮で食べたきしめんとは別物でした。

お手ごろな値段できしめんが食べられるのはありがたいですが、あのモチモチは、半生麺か冷凍めんでしか出せないのかなと思いました。

残念です。

乾麺もそれはそれで美味しいですが、モチモチが恋しいです。

東京に愛知県のアンテナショップがあれば、

そこで食べられたかもしれませんが、

何故か、東京に愛知県のアンテナショップはないのですよね。

お隣の埼玉県のアンテナショップはあるのに、不思議です。

名古屋に行く機会があったら、ぜひまた食べてみたいと思います。

コメント