自分で粉骨!実際に粉骨を行った我が家のやり方をご紹介

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

お墓がないので散骨したい。
墓じまいをするので散骨したい。

そうなったとき、まず必要なのが「粉骨」という過程です。

「粉骨」は自分で出来ますし、お骨が多い場合、自分でやった方が安くできます。

ただし、手間がかかりますので、自分でやるか業者さんに頼むか、

メリット・デメリットをよく考えてお決めになるのが良いかと思います。

実際に、墓仕舞いのために「粉骨」を行った我が家のやり方もご紹介したいと思います。

粉骨をする前に

粉骨をすると決めたら、まずお骨を乾燥させないといけません。

骨壺の中の湿度の状態によって、どうしてもお骨は水分を含んでしまいます。

お骨が水分を含んだ状態だと、細かく粉骨することが難しいからです。

お骨は最終的に、2mm以下のパウダー状にしなければ散骨してはいけません(法律で定められています)。

お骨を乾燥させる際に、金属や小石などがあれば取り除いておきましょう。

自然乾燥

新聞紙やトレイなどにお骨を並べ、天日干しをします。

数日かけて乾燥させることが必要になります。

乾燥剤

袋の中にお骨と乾燥剤を一緒に入れて、数日置いておく。

ドライヤー

袋にお骨をいれて、ドライヤーの熱で乾燥させる。

電子レンジ・トースター

中古で安く手に入るのであれば、電子レンジやトースターを使うのも一つの手だと思います。

使い終わった後捨てられますしね。

ただし、加熱しすぎるとニオイが漂う可能性があるので、自己責任で。

我が家の場合

お骨の乾燥は、兄が担当しました。

今回粉骨するのは6人分だったのですが、何十年もお墓の中にあったお骨もあり、かなり湿った状態だったようです。

天日干しを数日したものの、全然ダメ、ということで、家にあった保温プレートを使って乾燥させたそうです。

こういうタイプのものですね。

ただ、結構お骨から水が出てきて、最終的には使いすぎて壊れてしまったそうです。

まあ、壊れなくても、お骨を乾燥させたものを他のことに使うことはないですよね。

兄曰く、

お骨を乾燥させるのは結構大変だった!

とのことでした。

粉骨に使う道具

粉骨に際して、絶対に必要なものは、ゴーグルとマスクです。

お骨に「6価クロム」が含まれているかどうかはおいておくとして、しておいた方が絶対良いです。

金槌・綿棒

お骨の状態によっては可能な場合もあるようですが、硬い場合だと2mm以下にするのは難しいようです。

乳鉢・すり鉢

お骨の状態にもよるとは思いますが、2mm以下のパウダー状にするのは結構骨の折れる作業かもしれません。

ただ、故人をしのびながら時間をかけてやるのであれば、良いと思います。

道具をレンタルする(現在はない)

ネットで調べると、粉骨する道具をレンタルしている業者さんが出てくるのですが、残念ながらもうレンタルはやっていらっしゃらないようです。

以前、レンタルして使おうと問い合わせたところ、レンタルして使った方の使い方が荒かったらしく、壊れてしまったそうです。

ミル・ミキサー

機械なので、力が必要でなく良いと思います。

我が家の場合

粉骨作業は夫が担当してくれたのですが、電動製粉機を購入して使いました。

うちは13000円くらいのものを購入して使ったのですが、今は、もう少し安いものが出ているようです。

他に使い道がないから安いものでいいけど、パワーがないものは困る、となるとこのくらいのお値段が妥当ですかね。

楽天市場

アマゾン

我が家が購入したのはこのタイプです。

蓋がしっかり締まるタイプなので安心です。

ただ、150gなので複数人用には小さいですかね。

少ない回数で粉骨したい方には以下がおススメです。

こちらは700gです。

楽天市場

アマゾン

うちは6人分のお骨だったのですが、 3日くらいかけて粉骨したそうです。

1回の粉砕は30秒~1分くらいですが、3回やると機械がとても熱くなってしまします。

そのため、1時間くらい時間を置く必要があるそうです。

なので、午前中に3回やって、午後に3回やってを3日繰り返したそうです。

夫からの注意事項としては、

粉砕が終わった後、すぐに蓋を開けない方がいい

10分くらい置いた方がいいんじゃないかな

という事でした。

すぐに開けると、お骨の粉末が舞い上がるそうです。

夫はすぐに開けていたそうですが・・・

あと、小石が紛れ込んでいると、もの凄い音がして機械が止まるそうですが、機械は壊れなかったそうです。

粉末にしたお骨は、散骨をする日までジップロックに入れて保管していました。

粉末にしたお骨を手にして私が思ったことは

粉末にしたお骨って、結構重い!

ずっしりと重量を感じました。

自分で粉骨をするメリット・デメリット

メリット

  • 安くできる(特にお骨の数が増えるほど)
  • 亡くなった方に寄り添える
  • 機械は、捨てずに置いておけばまた使える(ちなみに、うちは捨てずに置いています)

デメリット

  • 手間と時間がかかる
  • 精神的にデリケートな人は、少し心にくるものがあるかもしれません。

最後に

粉骨を自分で行うメリットは、何といっても安くできるということです。

我が家も最初、海上散骨にしようと問い合わせをしたのですが、こちらの予算と折り合いがつかず、それなら山の斜面に土地があるし、自分たちで粉骨して散骨をしよう、という結論に達しました。

兄はお骨の乾燥、夫は粉骨(本当は私がやる予定だったのですが、「時間があるからやってあげるよ」と夫がやってくれました)、散骨は私、と役割分担をしたので、6人分でも楽だったと思います。

一人で乾燥から粉骨、そして散骨までやろうと思うと結構大変だと思います。

大変そうだな、と思われるようであれば、無理をせずに業者さんに頼むのもアリだと思います。

<人生>

<豆知識>

コメント