ヤバイ!『いわしレモンスープ』を使って納豆ご飯を作ってみたよ

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

いわしレモンスープとは

販売者は、マルハニチロさん。

酸味の利いたレモンスープで煮付けたいわし、とのことです。

そのまま食べても、サラダやパスタにアレンジしても美味しいそうです。

いわしレモンスープ納豆ご飯

開けると中はこんな感じです。

わりと大きめのいわしが2尾入っています。

レモンの香りが、そこはかとなく漂います。

器に缶詰の中身をすべて入れます。

身をスプーンでほぐしていきます。

缶詰を開けた時は、ほのかにレモンの香りがするな~という感じだったのですが、

身を細かくすると、香りが半端ないです。

思った以上に、思いっきり

レモン!

です。

混ぜた納豆とご飯を投入します。

今回は、極小粒納豆を使用しております。

混ぜるとこんな感じになります。

混ぜている間、レモンの香りがすごいです。

レモンチューハイが飲みたくなりますね。

すり黒ゴマを入れます。

さらに焼きのりを細かくちぎって入れます。

思いっきりかき混ぜたら出来上がりです!

お味は?

相変わらず、レモンの香りがスゴイです。

ではでは、頂きます。

モグモグ

モグモグ

え~と、何だろう。

五味のうち、一つだけが飛びぬけて舌にアタックしてくる。

甘くはない。

辛くはない。

苦くはない。

残りは2つ。

酸っぱいのか、塩辛いのか?

なんだかね、分かりづらいです。

一つだけがね、パンチを浴びせてくるのですが、

そのパンチがきつすぎて、よく分からないのです。

レモンの香りが強いので、酸っぱいのかな、と思いたいところですが、

舌は、しょっぱいと感じている気がします。

酸味の利いたレモンスープで煮付けたいわしということなので、

酸っぱすぎてしょっぱく感じているのか?

そんなことってありますかね?

とすると、やはりしょっぱい(塩辛い)のか・・・。

最後の1口まで、その一つの味の鋭さを感じました。

食塩を見てみると、1缶(100g当たり)相当量は2.29gとのこと。

日本のいわし(梅じそ風味)は、1缶(140g当たり)食塩相当量は1.6g。

やはり、しょっぱかったのかな。

私、甘いのも塩辛いのも苦手なのです。

甘くはないので、甘いのが苦手でしょっぱめのおつまみを探している人には、ちょうど良いかもです。

レシピもいくつかネットで紹介されていて、サラダやパスタやスープにアレンジすると、塩味も丁度よくなるのでしょうね。

お値段は?(2023年11月6日時点)

アマゾンにて

6缶1388円(+送料 本州・四国410円 北海道・九州・沖縄・離島450円)

30缶6980円(送料込み)

送料込みで1缶約232円~300円

コメント