【そうめん比較】ゆきやぎの太さは?値段は?食べた感想は?口コミは?

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

そうめん「ゆきやぎ」の紹介をしていきます。

  • 一束の外観
  • 一本の太さ
  • 食べた感想
  • 口コミ
  • 値段
  • 購入できるサイト

などの情報を盛り込んでいます!

太さ分けした目次

ゆきやぎとは

製造元は、熊本県熊本市南区の麺舗ゆきやぎさん。

商品名は「ユキヤナギ」という白く流れるように咲く花からつけました。

ゆきやぎの特徴は、何といっても茹で時間の短さ。

18秒

でいいのです。

その理由は、麺の細さ。

約0.6mm

あれ?0.6mmといえば、「白龍」や「極細素麺天乃絹糸」と同じくらい。

それなのになぜ18秒で大丈夫なのか?

これは、食べる時に検証しなければ!ですね。

作り手の古瀬信俊さんによると

「細くしようと思えば、これの半分くらいにできる。でも、今の細さが食感的に一番良い大きさ。のどごしやきれいさも考えて」

とのこと。

小麦粉で作る麺は中力粉を使うことが多い中、古瀬さんはあえて強力粉にこだわっています。

「食べたときの食感と味が良くなるから」

コシの強さの秘密は、強力粉にあるようです。

1日に作れるのは1200束ほど。

古瀬さん家族が手作業で製造から箱詰めまで行うため、それが限界のようです。

一束の外観

美しい!

細い真っすぐなそうめんが束ねられていて、乱れがありません。

見た目がとても美しいです。

箱入りのそうめんは高級感が出るのですが、箱から鍋に直接入れてしまうので、そうめんの真の姿をちゃんと見ずに終わってしまいます。

「ゆきやぎ」は、そのままの形で勝負をしていて、目で見ても楽しめます。

さらに触ってみると、とても細くてしなやかで、心地が良いです。

厚揚げに例えると、

そうめん界の栃尾揚げが「半田めん」とするならば、

松山揚げは「ゆきやぎ」ではないかと思います。

麺を茹でる前に、とても幸せな気持ちになります。

1本の太さ

太さは、選んだそうめんがたまたま細かったのか、約0.4mm~0.5mm。

細いですね~。

それにしても美しいです。

茹でて実食

茹で時間は、説明書には18秒~25秒と書かれていますが、ここはやはり18秒で。

と思ったのですが、少しバタついてしまい、22秒くらい茹でてしまいました。

まあ、許容範囲です。

もみ洗いをする時も、しっかりコシがあります。

細いですね~。

ツヤもあります。

細いので、口に入れた時やはり、少し蜘蛛の糸のような感じを受けます。

コシがしっかりありますね。

小麦粉の風味もあります。

モチモチ感は、細いのでよく分かりません。

ツルツルと、のど越しも良いです。

食べた感じ、「白龍」や「極細素麺天乃絹糸」と「白髪」の中間のような食感でした。

18秒で茹で上がる理由は・・・

分かりません。

口コミ

  • 口に入った瞬間に、麺のツルツルを感じます
  • コシが強い

食べてみるとそのツルツル感とコシの強さに驚かれるようです。
麺が細いので、そのような食感はないのでは ?と思われるのかもしれないですね。

  • 麺の細さが衝撃的!技術に感動
  • 準備を整えてから茹でないと、あわてて大変
  • 茹で時間が短いので贈答用に最適

細くて茹で時間が短いので、特に夏の贈り物には喜ばれますよね。
茹で時間の短さも衝撃的です。

  • そうめん好きで通年食していますが、他のそうめんとは段違いに美味しいです

色々なそうめんを食べている方の意見なので、信用できそうです。
ぜひ食べてみたくなりますね。


お値段は?(2023年11月17日時点)

楽天にて

50g×7束 1580円(送料込み)

50g×20束 4220円(送料込み)

送料込み1g当たりのお値段は 約4.22円~4.51円

アマゾンにて

50g×7束 1580円(送料込み)

50g×20束 3980円(送料込み)

送料込み1g当たりのお値段は 約3.98円~4.51円

まとめ

ゆきやぎは、熊本県熊本市南区の麺舗ゆきやぎさんが製造しています。

太さは、公式には0.6mm(測定結果は約0.4~0.5mm)

食べた感想としては、コシがあってツルツルとのど越しが良いです。

口コミでは、麺がツルツルでコシが強い、細くて茹で時間が短いので贈答用に良い、という意見がありました。

お値段は、送料込み1g当たり約3.98円~4.51円

購入できるサイトは、楽天市場、アマゾン、熊本グルメ市場などです。

銀座の熊本県のアンテナショップでも購入できます(在庫があれば)

コメント