鍵は刺さるけど、扉が開かなくなった(ギザ鍵)場合の対処法

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

アクシデントは突然に

出かけるのに鍵を閉めて、3,4時間後に職場に戻ってきたところ、

あれ?鍵が開かない・・・

何回ガチャガチャ回そうとしても回らない。

鍵は一応刺さっているけれど、いつもより浅くしか刺さっていない様子。

何かが詰まっているのかと鍵穴を覗いてみても、そのような気配はない。

浅くしか刺さらないから回らない。

10回以上試しても深く刺さる気配はなく、

諦めて近くの管理会社に相談に行きました。

管理会社のおじさん登場

「鍵が開かなくなりました」

管理会社のおじさんに伝えると、

え~、

と少し不信な感じ。

鍵は刺さるけれど、いつもより浅くしか刺さらない。

でも、何かが詰まっている感じではない、と伝えると、

じゃあ、行ってみようか、と職場まで来てくれました。

「今まで物件で、鍵が開かなくなったことはないですか?」

と聞いてみると、1回もないとのこと。

マジですか!

このおじさん、たまに頼りないのよね。

大丈夫かな~と少し心配になる私です。

思いのほか粗い直し方

おじさんが鍵を開けようとすると、もちろん鍵は開きません。

すると、ドアノブをガチャガチャするだけでなく、扉自体もガンガン動かそうとして、ドアノブもさらにガチャガチャ。

あ、そんな風に扱っていいんだ・・・

昔のテレビも、映らなくなったらバンバン叩いていたよね~~~

確かに、この扉も古くて結構頑丈そうだから、おじさんが全力で何かしても大丈夫そう。

しばらく格闘したのち

ガチャッ

あっ、開いた

おじさんはこちらを振り向くと

「ちょっと古くて硬くなってるからね~、クレ5-56持ってる?」

そう聞かれて、

「あ、持ってます」と即答する私。

その昔、線香押し出し機に使ったことがあったのでした。

「じゃあ、こことここに付けてガチャガチャ回してみて。鍵穴までは付けなくていいと思うけど」

「分かりました。ありがとうございます」

そう言って、おじさんを見送りました。

全然期待していなくてご免なさい。

やる時はやる男だったのですね。

クレ5-56を付けてみた

言われた通り、鍵を回したときに出てくる部分にクレ5-56を付けて、何回かガチャガチャしてみる。

良いといえばいいけど、また開かなくなりそう。

そこで鍵穴にもつけてみたところ、

おっ、いいんじゃない!

回すのが大分軽い。

何回もガチャガチャしてみると、本当に軽くなってきた。

思えば、結構硬かったのよね。

でも、そんなものだと思っていて、まさか開かなくなるとは思ってもみなかった。

鍵を回すのに硬いと感じ始めたら、クレ5-56を付けておくべきですね!

コメント