【そうめん比較】島の光赤帯の太さは?値段は?食べた感想は?

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

島の光赤帯の紹介をしていきます。

  • 1束の外観
  • 1本の太さ
  • 食べた感想
  • 口コミ
  • 値段
  • 購入できるサイト

などの情報を盛り込んでいます。

太さ分けした目次

島の光 赤帯とは

製造元は香川県小豆郡小豆町の小豆島手延素麺協同組合さん。

約400年の歴史を持つ伝統のある逸品です。

原材料は、厳選された

小麦粉(中力一等粉) 粘りの出にくい中力粉は、時間をかけ何回も熟成を重ねることで喉越しの良い、よりコシの強い素麺が作れます。

食塩 瀬戸内の良質な塩を使用

ごま油 『かどや製油(株)』のごま油を使用。

素麺用に加工されたごま油で、他の産地で使用している綿実油に比べ酸化しにくく製品が劣化しにくい事が特徴。

を使用しています。

島の光は、二日間の日程で作られます。

職人の手による製造工程、寒期にたっぷりとった熟成期間、

空気の澄んだ瀬戸内の潮風を受けての天日干し。

白く細い麺で強いコシとなめらかなのど越しが特徴とのこと。

島の光赤帯と黒帯の違いは

島の光赤帯は、12月~3月にかけて作られたもの

島の光黒帯は、12月~1月にかけて作られたもの

ということで、12月~3月にかけて作られたものです。

1束の外観

赤帯、きれいな赤色ですね。

1本の太さ

太さは、約1mmですね。

茹でて実食

茹で時間は2分ということなので、2分茹でます。

標準的なツヤ

標準的なモチ感

標準的なツル感

標準的なコシ

小麦粉の風味もあります。

特に何かが際立っている感じではなく、何かが劣っている感じでもない。

どれも合格点。

マイナス要素はなさそうです。

一般受けの良い素麺だと思います。

口コミは?

  • コシと甘みが丁度いい
  • 今まで食べた素麺の中でも一番美味しいと感じました
  • 美味しくて、値段も手ごろ

小豆島のそうめんは、やっぱり美味しい、という意見が多かったです。
お値段も、もっと安いと嬉しいという意見もありましたが、味の割にはお得感があるという意見も多かったです。

  • 例年通り、今年も購入いたしました
  • 島の光以外、もう食べられません
  • 20年以上食べ続けています

小豆島そうめんのファンの方は、とても多い印象です。
他のそうめんにもファンの方はいますが、小豆島そうめんのファンの方の方が熱量が高い印象です。

お値段は?(2023年11月01日時点)

小豆島手延素麺協同組合さんのホームページには値段が載っておらず、

ご注文、価格等についてのお問い合わせについては、Eメール、お電話にて承ります

ということなので、今回は別サイトを参考にさせて頂きます。

楽天市場では

750g 1120円(送料込み)

9kg 9896円(送料込み)

送料込みの1g当たりの値段は、約1.1円~1.49円

アマゾンでは、

750g 1130円(送料込み)

9kg 9612円 + 850円(送料

送料込みの1g当たりの値段は、約1.16円~1.5円

まとめ

島の光赤帯は、香川県小豆郡小豆町の小豆島手延素麺協同組合さんが製造されているそうめんです。

太さは約1mm。

食べた感想としては、全てに合格点の一般受けのするそうめんだと思います。

口コミでは、今まで食べた素麺の中で一番美味しい、島の光以外食べられませんという意見がまあまあありました。熱いファンの方が多い印象です。

お値段は、送料込み1g当たり約1.1円~1.5円。

購入できるサイトは、小豆島手延素麺協同組合さんのホームページ、楽天市場、アマゾンなどです。

費用対効果で言えば、とても良い商品だと思います。

普段使いに重宝するのではないでしょうか?

間違いはない味です。

コメント