ベトナムの袋めん紹介(VIFON)

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

ベトナムのメーカー、VIFONです。

ベトナムで1番のシェアを誇る、インスタント食品の会社だそうです。

確かに、ベトナムのスーパーマーケットなどにVIFONの商品は沢山ありましたよ。

紫色の袋めん

紫色の袋めんです。

boは、牛肉という意味だそうです。

袋の中身です。

どんぶりに麺や調味料を入れて、お湯を注いで3分待ちます。

カップラーメン方式ですね。

香辛料がちょっときつめ

パクチーかな? 

パクチーが結構きつめかも。

麺は細いです。

ちょっとだけボソボソしている感じがするけど、途中で切れたりはしないし、嫌な感じではないです。

ザ・東南アジア、という味がします。

茶色外枠の白い袋めん

茶色い外枠の白い袋めんです。

これは、お値段が少しお高めだった気がします。

フォーですね。

そして牛肉入り。

袋の中身です。

見た目にも、お肉がしっかり入っています。

カップラーメン方式で作ります。

東南アジアの香りがする

何なのか分からないけど、私的には東南アジアな感じがします。

味は少し酸っぱめ。

夫は、東南アジアの香りはしない、との事。

麺は、今まで食べた東南アジア麺中で、1番のヒラ麺。

ちょっと酸っぱくって、でも優しい味。

ジャーキーっぽい肉がしっかり入っていました。

金色の袋めん

袋の写真は、魚ですかね~。

翻訳すると、かまぼこ味らしいです。

幅広麺ですが薄いので、お湯を注いで3分で完成します。

むっちゃ幅広麺!

出汁にパクチーの香りがあります。

でも、そんなに味にパクチーとココナッツ感はありません。

きしめん、幅広麺。

美味しいです!

VIFONの中で1番安そうに見える袋麺(よく言えばシンプル)

見た目、あまり力を入れていないような、情熱を感じないような袋です。

ラーメンの麺です。

カップラーメン方式で作れる麺なので、チキンラーメンっぽいのかな、と思いきや、意外と麺がしっかりしていて、いつも使っているドンブリには入りきらない。

本当にお湯を入れるだけで出来るのか少し心配です。

意外ですが、ちゃんとできました。

エビの風味はするかな。

辛味は強くないです。

麺はボソボソではなくて、サッポロ1番の麺に似ています。

パクチーもココナッツの味もしない、日本人好みの味です。

黄色い袋めん

パッケージからすると、ミンチのお肉味かな?

どんぶりの中に、袋の中身を全部入れます。

麺が黄色いですね。

お湯を注いで3分待ちます。

風味がビーフンっぽい

塩味!

ココナッツ味もパクチーの味もありません。

夫曰く、足りないのは麺の量だそうです。

あと、人参などの乾燥具材が入っていて、エビも入っていたそうな。

私はよく分からなかったです。

金色と赤色の袋めん

パッケージからすると、お肉味かな?

THIT BO は牛肉のことです。

袋の中身です。

麺は日本の袋めんに似ていますね。

何も考えずに写真を撮ってしまいました。

小袋を上に乗せてしまったため、具のお肉が分かりずらくなってしまいました。

小さめのお肉がいくつか入っていました。

ややパクチーの香りがあります。

味的にはアジアっぽくはないですね。

日本の醤油味に近いです。

ビーフの塊は、やや小さいけれど、ちゃんとビーフの味がします。

ただ、ビーフは小さい。

ビーフジャーキーっぽいかな。

このお肉、必要なのかな〜?

疑問系です。

久しくパクチーから遠ざかっていた人間からすると、ほのかなパクチー味が嬉しい限りです。

麺は、少しボソボソ感があり、ツルツル麺ではないです。

コメント