歯医者さん不信になったことがある私の歯医者さん選びの基準

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

以前の歯医者さん選びの基準

私には以前、歯医者さんを選ぶ基準がありました。

・路面店でないこと

・新しくできた歯医者さんではないこと

・歯科医院の作りが豪華ではないこと

あとこれは絶対ではないのですが、出来れば

・インプラントを取り扱っていないこと

その理由は

路面店は、家賃が高いためそれを回収しなければならない。

新しくできた歯医者さんは、機械などにかかった費用を回収しなければならない。

豪華な歯科医院は、その維持費用を回収しなければならない。

つまり、以上のような歯医者さんは、費用回収の為に余計な検査や治療をする可能性が高い、と思っています。

そう思うようになった理由は、

良い歯医者さんよ、と知人に紹介された歯医者さんに行った時のこと。

出来て数か月くらいの新しい歯医者さんでした。

私は、取れてしまった詰め物を詰めなおして欲しかっただけなのですが、

撮ったレントゲンを見て、

ここは虫歯になっているので削りましょう

この黒くなっている部分は抜きましょう

など、4か所くらいの治療を提案されました。

削ったり・抜いたりの積極性に危険を感じた私は、

取り合えず今日はいいです

と断り、別の歯医者に行きました。

もちろん、別の歯医者ではそんな提案はされませんでした。

インプラントは、インプラントをした人から、しなければよかったという後悔を聞いていたこと。さらに、ジェーン・スーさんのエッセイを読んでいたこと。

そのことから、私はインプラントに対して少し恐怖を感じています。

新たに加わった基準

それは、

路面店なのに、見た目がお金がなさそうな歯科医院

え?どういう事?

と思われるかもしれません。

私もうまく説明できないのですが、ただ古いという訳ではなく、何となく暗くて質素。

路面店だけど、絶対ぼったくったりしないだろうな、と思える見た目。

基本路面店はNGの私ですが、歯が痛くてすぐに診てもらえる歯医者さんを探していた時、ここならいいかな、と思える歯科医院だったのです。

なので、門を叩いてしまいました。


しかし、違いました。

中に入ってから分かることですが、清潔感がない

ゴミ箱には、いつから入っているのか分からないゴミが入っている。

機械の上に埃が溜まっている。

器具を滅菌するのに使用する袋は、使いまわしの為黒くなっている。



治療してもらった歯は、1年後くらいにボロッと取れてしまいました。

別の歯医者さんに行ったところ、中に使っていた素材に問題があるとのこと。

なるほど

と納得してしまいました。

1年前にかかっていたのは50代後半~60代前半くらいの歯医者さんでしたが、白衣はヨレヨレで汚れていて、患者さんもそんなに多くなさそうで、古くなった材料を捨てる感じではありませんでした。

おそらく、古くなって劣化してしまった材料を平気で使っていたのでしょう。

腕自体はそんなに悪い感じではなく、2本の歯の根幹治療に1年ほど通いました。

大丈夫なのかな?

と色々な意味で思うところはありましたが、歯医者さん不信があったため、他の歯医者さんに移ってもそんなに変わらないのだろうな、と、取り合えず通ったのでした。

新基準

・路面店でないこと

・新しくできた歯医者さんではないこと

・歯科医院の作りが豪華ではないこと

・路面店なのに、見た目がお金がなさそうな歯科医院

今のところは以上です。

最近は、路面店の基準は少し緩めてもいいかなと思っています。

幹線道路、商店街の道路、住宅街の道路など、道路にも色々ありますからね。

歯医者さんとの相性もあるし、見えない部分の治療だし、歯医者さん選びは本当にむずかしいですね。

コメント