【そうめんアレンジ】日本のいわし(梅じそ風味)を使って焼き素麺

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

寒くなると、冷たい素麺は食べたくなくなります。

温かい素麺というと、にゅう麺も良いのですが、焼き素麺も良いですね。

そこで、私の大好きな缶詰、日本のいわし(梅じそ風味)を使って作ることにしました。

日本のいわし(梅じそ風味)

日本のいわし(梅じそ風味)の缶詰

本ブログ、2回目の登場です。

前回はこちら

納豆ご飯にして美味しいのなら、そうめんと炒めても美味しいに違いない!

ということで、日本のいわし(梅じそ風味)を使って焼き素麺を作ることにしました。

調理スタート

さすがに、焼き素麺の具が日本のいわし(梅じそ風味)だけというのは味気ない。

何か野菜を入れたいけれど・・・

焼きそばにもやしは鉄板ですが、日本のいわし(梅じそ風味)は優しい味です。

何となくもやしと合わない気がする。

悩んだ結果

玉ねぎとピーマンだけを入れることにしました。

玉ねぎは食感を変えるために、厚みを変えて切っています。

火が通ってきたら、日本のいわし(梅じそ風味)を投入です。

細かくほぐしてから入れようかとも思ったのですが、今回はそのまま投入して、フライパンの上でほぐしました。

あまり缶詰の出汁を煮詰めるとそうめんに絡まなくなるので、これくらいで

茹でておいたそうめんを投入です。

細めのそうめんで試してみたかったので、今回は、寛永五年堂さんの切れ端麺を使用しました。

思ったより麺と具が絡みにくく、何回もかき混ぜてやっと良い感じに。

完成です!

見た目は、ちょっと美しくないかな?

食べた感想

美味しいです!

梅じその上品な味が、細いそうめんと絡んで繊細なハーモニーを奏でています。

あと、後口がとても良いのですよ。

梅としそが、いわしの青魚臭さを中和してくれています。

太いそうめんでも美味しいとは思いますが、細いそうめんならではの良さが出ていると思います。

味噌味やしょうゆ味だと、こってりした甘さが勝ってしまって、細いそうめんの良さを引き出せないのだろうな、と思いました。

ピーマンと玉ねぎも、良い仕事をしています!良かった。

購入できるサイト

楽天市場、アマゾン、ヤフージャパン、ヨドバシ.COMなどで購入できます。

多めに購入すると、送料が無料になるのでお得ですね。

【そうめん】

【手作りの食べ物】

【缶詰】

コメント